FC2ブログ
相棒SUNを失いひとりぼっちの悲しく寂しいわたしと食いしん坊ビーグルSUNとの思い出とたいくつな日常 + ときどきくるま旅のことを綴ってます。SUNは15歳7ヶ月と6日でわたしのもとを旅立ちました。
プロフィール

SUNの同居人

Author:SUNの同居人
SUN(さん)
2003.6.15-2019.1.21
15歳7ヶ月6日で 旅立つ
相棒を失い悲しいく寂しいいわたし=同居人
SUNは食いしん坊ビーグル。

参加してます♪
カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

SUNは!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
訪問者数

検索フォーム

フリーエリア

参加してます♪
4月29日
チェックアウトの後 びーちゃん&のんちゃん家とレンピア家と一緒に向かったのは~

12:15 Fiore cafe (京都府綾部市)
01cafe.jpg

食べたのはカレー
01ランチ

京都シニア会で仲良くさせて頂いてる こじろうくんと待ち合わせ。
去年10月にSUNと一緒に会って以来です。
ころろうくん思ったより元気でよかったよ。
わぉーんも大きな声で嬉しかったよ。

IMG_20190429_122009.jpg

ガンと闘ってるんだもんね。いろいろと不調もあるけれど、ゆっくりとね・・・
SUNの分も元気に長生きして欲しいと心から願ってるよ。


ランチの後は、お店を変えてデザートタイムだよ。

02cafe.jpg

ここで合流したのは こゆきん&蒼さんのママ ともさん。
こゆきんを亡くし・・・関東に引っ越し・・・
去年蒼さんを亡くしちゃったからもう会えないかと思ってたけど、会えた(*^_^*)
蒼さんとSUNは同じガンだったんだよ(@_@。
先輩であるともさんには相談にものってもらい、グチもたくさん聞いてもらったの。
蒼さんを支え続けるともさんにたくさんの勇気とがんばる力をもらいました。
また、会えてお話ができてとっても嬉しかった。ありがとうの気持ちいっぱいです。

02デザート

食べたのはアップルパイ そしてテーブルを占拠するわんず(笑)

02-2_20190511185527b92.jpg


少し前から調子を崩してる来夢くんも来てくれたよ。
ママに抱っこされてる来夢くん。
見てるのちょっと辛かったけど、ママさんパパさん会いに来てくれてありがとう。

02らいむ

SUNのお洋服を形見分けに貰ってもらったよ。
びーちゃんキャラにぴったりだと思ったけど、サイズが合わず(・_・;)
01び

こじろうにはピッタリでした。
01こじ
01こじ2


おしゃべりタイムはあっという間に過ぎ去り~
名残惜しいけど、みんなとバイバイです。

17:20 翌日の約束に備え、Qちゃんのお腹を満タンに満たして出発です。
雨が降り出してきたよ。
京都縦貫自動車道 -綾部国分寺 ~ 京滋バイパス -宇治西IC 
栗東辺りで寝ようと考えてんだけど! 
渋滞が酷いみたいだったのでぐーグル先生の誘導に従い宇治西で降りちゃったら~

すごい山道 峠越えを案内された(*_*;
雨の真っ暗な山道、何ヶ所か片側交互通行の信号待ちもあった。
たぶん・・県道242? 高速降りて45分? 
もっと長かったような気もするけど、山道を走って出てきたところは、滋賀県大津市大石東!!
コンビニ見つけて飛び込んだもん。トイレ行ってジュース飲んで一息ついた。
近くにお風呂屋さんないか聞いてみたら、草津まで行かないとないって言われちゃったよ(汗)
しかたないので、Qちゃんにがんばってもらい雨のなかひた走る。走る。

見つけたのは 守山天然温泉『ほたるの湯』
SUNが待ってないのをいいことに、ゆっくりと温泉に浸かってたら、10時すぎちゃってるじゃん(汗)
とりあえず、もよりの道の駅に行かなきゃ~ が・・・
大丈夫?ってくらいまた、山の中に向かうことになってしまった。
雨はじゃじゃ降り。真っ暗な夜道。Qちゃんと一緒だからがんばれた。
約2年半ぶりの車中泊の旅。
この2年半の間にいろんなことがあって、旅に出掛けることが出来なかったわたし。
最後の旅はながーい長い九州旅でした。鹿児島に3週間も滞在したんだっけ(苦笑)
今年のGWは10連休ってことで、家に居ても暇を持て余すだけなので思い切って旅に出ることにした。
SUNのいない車中泊。
一人で大丈夫なのか不安もあった。
友達と会う約束はしたけれど、準備を楽しむこともできず全く準備なしでの出発となりました。
SUNがいないから、なんとでもなるという思いもあった。


4月28日
8:30 Qちゃんことスバルサンバー軽キャンに荷物を積み込み出発!

高松自動車道 ~ 神戸淡路鳴門自動車道 -室津PAで軽く食事休憩 ~ 山陽 ~ 中国 ~ 舞鶴若狭自動車道 
淡河PAで休憩しようと思ったけど、PAに入るのに並んでたので諦めた。SUNと何度もオシッコ休憩に寄ったPAだったんだけどな~
って思いながら走ってたら、見覚えのあるSAが(^u^)

13:00 西紀SA到着
あー ドッグランのあるとこだったんだ。シニア会に行く時に寄ったんだぁ・・・
一人トボトボ歩きながら、涙がこみ上げてきた。

西紀SA1

西紀SA2


コレ書いてる今も涙が出てくる。なんでだろ?
ブログに書けてないSUNとの思い出はまだ書けそうにないみたい(-_-)/~~~

~舞鶴若狭自動車道 春日IC ~ 国道175 ~ 県道283

14:30 キャンプリゾート森のひととき 到着! (兵庫県丹波市)

ここで合流したのは、びーちゃん&のんちゃん家とレンピア家。

森のひととき1

はじめましてのレンピアと、再会できたびーちゃんに乾杯(^◇^)

森のひととき2

森のひととき3

森のひととき4

SUNの子分には、のんちゃんペットのお友達ができました。

森のひととき5

びーちゃん&のんちゃん家のキャンプは去年SUNと一緒にお邪魔したんだよねぇ・・・
のんちゃんと一緒に遊ぶと年齢を忘れて子供みたいに楽しめるわたし。

また、キャンプにお邪魔させてね(*^^)v
今日はポカポカととっても暖かな日中でした。
本日26日、SUN地方は桜の開花宣言がありました。

桜の開花宣言はまだだったけれど・・・
早咲きの桜がチラホラと咲いてたよ。

P1030522.jpg

毎年恒例の「丸亀城でのお花見」 
3月23日少し早いお花見となったのは、集まるメンバーの都合ってことで(^^ゞ

崩れた石垣の修復工事してました。

P1030514.jpg


去年のお花見のとき、SUNは来年はムリかもね・・・ってわたしは心の中で思ってた。
すでに口の中に血膿ができてたから。そのときはまだガンとは診断されてなかったけれど・・・
夏がすぎ、秋がすぎ、もしかして春までがんばってくれるかも?って淡い希望を持ったこともあったけれど。

今年は、SUNの子分を連れて行ってきました。

P1030525.jpg

丸亀城でのビーグルズのお花見を始めたのはいつからだったのだろう?
ブログを振り返ってみたら、少なくとも6年前は集まってたみたい。
わたしが、召集するのは今年がきっと最後だろうなぁ・・・

2年ぶりに急坂を登り、天守閣まで上がってのお弁当。

20190326214000925.jpg

骨折前までは、天守閣への坂道もヘッチャラだったけれど・・・
退院後すぐの春は、歩くにもSUNのカートが必要だったんだよね。
翌年は、再手術前でそこそこ歩けてたけれど、急坂はさすがにムリだったんだよね。
今年は大丈夫と思って、坂道を歩いたけれど!体力も筋力も元には戻ってないんだよね。
SUNがいなくなり、お散歩に行かなくなった生活。このままでは運動不足にも程がある。
そろそろ、マジに筋肉を元にもどさなくては!です。



愛媛のラッキーくん。秋に会ったときより美白が進んでるような。
ラッキーくんのリードを持っての久しぶりのお散歩。もぅお散歩の仕方を忘れてたわたし。
少し歩くと思いだしたけれど(汗)

P1030507.jpg


相変わらずワンワンが止まらないきなこちゃん。ママと2人だけならいいお顔なんだよね。

P1030511.jpg


いつもはテンション低めのベルちゃん。今年はしっぽブンブンで楽しそうだったね。
ラッキーくんとなら並んでもヘッチャラだったね。

20190326214015194.jpg


この場にSUNが居ないのはやっぱり寂しかった。

20190326214021107.jpg

20190326214007669.jpg

SUNが最後まで愛用したカートはベルちゃんにお譲りしました。
ベルちゃん気に入ったみたいで、初めてのカートにご満悦の様子。
大切に使ってね。

P1030533.jpg

今日は、SUNの使ってたものをちょっとだけ片づけた。
玄関が定位置となってたカートを収納したのは、2年半ぶりくらいなのかな?
わたしが骨折して退院して以来、散歩行くのに使うようになってからずーっと玄関に置きっぱなしだったから。



SUNとのお別れの日のことを・・・

1月23日午後3時すぎ、予定通りSUNはお空に駆け昇りました。
雲ひとつないお空でした。
ちょうど、煙突の斜め上には太陽が!!
わたしには、SUNが太陽に向かって走って行ったように思えました。
たくさんのお友達がお空を見上げてくれたことと思います。
ほんとうにありがとうございました。


SUNと一緒の最後の夜、わたしのお布団の横にSUNを寝かせ撫でながらSUNにお出かけの話をした。
SUNちゃん・・・明日はちょっとアチチだけど大丈夫だからね。
撫でてると、冷たいはずのSUNは温かだった。さすが毛皮着てるもんね。
脚をマッサージしてたら、ちゃんと走れるようにスムーズに動くようになったんだよね。

20190124191103611.jpg


この日はお昼前にマンションを出発しました。
「SUN行くよ~」
「Qちゃんに乗ってお出かけだよ」
SUNをカートに乗せ、駐車場に向かいます。

20190203173048742.jpg


Qちゃんの指定席に乗り、出発だよ。
まず、実家に寄り母とお別れのごあいさつ。お花をもらったね。

20190124191058527.jpg


寄り道しながらのドライブ。最後はやっぱりコンビニだったね。
目的地に到着だよ。
「SUN貸切だね。SUNがクンクン探検楽しめそうなお山の上だね。」

20190124190042362.jpg


15年前、生後2ヶ月の小さなSUNと2人きりで始めた生活。
ご近所にワンコ友達ができ、ブログを始めたことにより全国にたくさんのお友達ができたね。
一緒に見送りたいと申し出てくれた方もいらっしゃいましたが・・・
最後は2人きりでのお別れをしました。わたしがそうしたかったのです。
2人で歩んだ時間。楽しいときも苦しいときもいつも一緒だったSUN。
始まりと同じで最後も2人で過ごしたかったのです。

20190124191052903.jpg


風が強かったけど、青空だったね。
お外でずーっと空を見上げてたわたし。

20190124190037877.jpg


SUNちゃん 帰りはウマウマが入ってた缶の中です。(市営の火葬場だったので、骨壺は持参でした)
形式にはとらわれない、わたしとSUNのスタイルです(^^ゞ
SUNが子分に任命したスヌちゃんも一緒です。
この子はSUNを迎える前にわたしがシュミレーションのために購入したぬいぐるみ。
チビのSUNが咥えて走ったこともありますが・・・
破壊される前に避難してたんだよね。
SUNが亡くなってからずーっとSUNと一緒に居たからSUNが乗り移ってるといいなぁ。。

20190124190032758.jpg


スヌちゃんが背中に背負ってるカバンは、SUNが持って行った洋服の付属品なのです。
今は、このカバンにSUNの少しのお骨と毛を入れて背負ってもらってるよ。

一週間前のわたしは・・・
会社から猛ダッシュで帰り
「SUNただいま~ 帰ったよ大丈夫?」ってリビングに敷きっぱなしのわたしのお布団に寝てるSUNにすり寄った。
お水飲む?飲めないね。 
オムツには少しのうんちとおしっこしてました。

朝は、病院に点滴に行こうと思ってたけど、朝よりも昼休みに帰ったときよりも、ぐったりとしていた。
朝は立たせてあげると、ヨロヨロとリビングをほぼ一周歩いたのに。
昼は起き上ろうともしなかった。
仕事から帰ったときは、起こそうにも立ち上がる気力もなさそうだった。
とりあえず、病院に電話して状況を説明 先生とお話して見守ることにした。
東の空にはまんまるお月さま。もちろんSUNにも見せてあげたよ。

20190121.jpg

うつろな目で、抱っこしても体の力が入らないSUN。
ガンが肺に転移してたから、もぅ息するのがやっとだったんだと思う。
浅い息、1秒に一回程度の呼吸。ときおり大きなため息。

たくさんたくさんSUNとお話したよ。
ありがとうって、もうがんばらなくていいよってちゃんと伝えた。
虹の橋でちゃんと待っててねって。
たくさんのお友達がいるから、ちゃんとあいさつするんだよって。

この写真はSUNが生きてる最後の一枚。21日19時過ぎのSUNとわたし。

夜9時くらいだったかな?
ワンともキュンとも言わないSUNのヒャーって声が!?
こんなの初めてだった。
わたしはSUNと一緒にお布団に入った。
SUNを抱っこして、背中をずーっとポンポンしてた。
年末あたりから、息が苦しそうにするときはポンポンしてたから、ポンポンしてると安心するのか静かな息になるんだよね。
ポンポンしてても、またヒャーって首を延ばすような動作をした。
SUN、大丈夫。大丈夫だよって強く抱きしめる。すると息が安定した。
3,4回くらいそんなことがあったんだっけ?
わたしもウトウトしてたから・・・
ふと、目が覚めSUN?って息してるか確認したわたし・・・
毛布をはぐり再度確認。もぅパニックだよ。

落ち着けわたし。 トイレに立ち お布団に戻ったときは少し冷静になれた。
結局、SUNを抱いて朝まで泣き明かしたんだけどね。

朝になり、いつもの時間に朝風呂に入り気分を落ち着けた。
涙を拭いて会社にお休みの電話を入れ、葬祭場に電話をした。
そして、いつものように汚れものの洗濯をした。

後はずーとSUNの隣から離れられなかったわたし。
死してもなお、口からは膿が流れでるSUN。
何度も何度も拭いて、汚れたシートを変えて。
ずーっと撫でて撫でて、このままずーっとここに置いときたい気持ちでいっぱいだった。

最後の夜はわたしの布団の隣にSUNを寝かせ、ずーっと撫でてた。
暖房は入れてなかったけれど、寒いとは思わなかった。

<< 前のページ // ホーム // 次のページ >>